外反母趾 歩行 影響

歩行に影響がでる外反母趾を予防するには

スポンサーリンク

外反母趾になってしまうと、痛みなどによって歩行に影響がでてくる可能性が高いです。
合わない靴が原因ということもありますが、足の指を使っていないために外反母趾になっています。
歩行に悪影響をださないためにも、日頃から正しく歩くことから始めてみるとよいです。
外反母趾になってしまうと、治療に時間がかかりますし体にも影響がでてきやすいです。
できるだけ早めに予防すれば、日常生活に支障をきたすことはありません。
歩行をきちんと行い、足の筋肉を鍛えていけば外反母趾で悩むことはないはずです。
正しい歩行をしても、すぐに筋肉が増えるわけではないので今から始めるのも有効な手段です。
ただ足を動かすだけではなく、ストレッチやマッサージをするなどのケアも必要です。
現代では、体を動かす機会が減っています。
そのため、足の筋肉を鍛える機会も減っており外反母趾になる可能性が高くなっています。
歩行に影響がでるまで悪化させてしまうと、治療に時間がかかるので足を見て確認しておけば早く気付けます。

スポンサーリンク

悪影響を避けるために、ウォーキングなどを行うことは間違いではありませんが過剰にやってはいけません。
また、かかとから着地して足の指まで使う歩行ができていなければ、足の負担が大きくなり外反母趾を悪化させてしまうこともあり得ます。
できる限り影響を減らしていくなら、専門医に相談しながら行うとよいです。
状態に合わせて、適切な方法を教えてもらえます。
外反母趾がひどくなれば、手術が必要になるかもしれません。
そうなると、リハビリも必要になり完治するまでに数カ月程度かかると言われています。
治療を受けて治ったとしても、足の筋肉を鍛えるなどの対策が必要です。
何もしなければ、再発する可能性もでてきます。
足の負担も考慮しつつ、適切な手段で対応していけば外反母趾を予防することは可能です。
ある程度余裕がある靴をはき、日頃から運動をしていけば問題ないです。
歩行に影響がでているなどの症状があれば、放置せずできるだけ早いうちに医療機関を利用すれば、今の生活を維持しやすくなります。

スポンサーリンク