外反母趾 足首 痛い 原因

外反母趾で足首が痛い原因について等

スポンサーリンク

外反母趾とは足の親指に関わる疾患の一種で、主に女性に起こりやすい疾患としてよく知られています。
確かに男女別の発症率を見ると明らかに女性のほうが高いですが、だからといって男性は発症しないというわけではないです。
 女性が発症しやすいのは普段からハイヒール等の先端が狭い靴を履く事が多く、これが親指に負担をかけるためと言われています。
男性の場合には先端が狭い靴を履く機会は少ないのですが、それとは別の原因で発症してしまう可能性があります。
その原因とは脚の筋力の低下によって、土踏まずのない偏平足になってしまうというものになります。
 人間の足の裏には土踏まず等の反りがあり、これによってバランスが保たれているという特徴があります。
この反りは脚の筋肉が骨を引っ張る作用によって起こるので、この筋肉が弱くなると引っ張る力が低下して偏平足になるのです。
 外反母趾で体のバランスが崩れるとそれを補うために全身に影響が出るので、腰痛や頭痛、肩こり等の症状が現れる事もあります。

スポンサーリンク

 外反母趾を発症した場合に現れる症状としては足の親指の付け根の痛みがあり、ひどくなると歩行困難になる事も少なくないです。
それ以外にも足首が痛いと訴える患者もいますが、この足首が痛いという症状も決して珍しいものではないとされています。
 外反母趾によって足首が痛いという症状が現れる原因は、全身のバランスが崩れる事と関係しています。
外反母趾で体のバランスが上手く取れなくなると、それが原因となって足首に大きな負担がかかる事があります。
この負担が大きくなると足首がだんだんと耐えられなくなって、それが原因となって足首が痛いという症状が現れます。
このように外反母趾になるとそれが原因となって、足首が痛い等様々な症状が現れてきてしまいます。
 外反母趾の治療方法は主に保存療法と手術の2種類があり、患部の状態等を確認して治療方法が選択されます。
保存療法では歩き方の矯正やマッサージ、専用のインソールを用いる等の治療が行われます。
この保存療法で効果が出ない場合や痛いという症状が激しい場合等は、手術によって状態の改善を目指す事になります。

スポンサーリンク