外反母趾 子供 病院

子供の外反母趾が増加しており、病院で治療が受けられます

スポンサーリンク

近年、子供の外反母趾が増加傾向にあります。
その理由として子供の場合は、成長過程によって骨も大人よりも柔らかく、骨格形成も不十分でありながら最近ではヒールといったかかとが高く、足先が細くなっている靴を好んで履くことから外反母趾になりやすい傾向があります。
さらに子供の歩き方も以前とは異なり、重心などがずれており、指先に力を入れて歩かなくなったことも理由に挙げられます。
このような需要の高まりから病院でも子供の外反母趾にも取り組んでおり、形成外科や外科といった診療科にて治療を受けることが出来ます。
治療方法に関しては、基本的には外反母趾となった足を正しい足の位置に修正するために固定具や治療用の靴を用いて治療を行います。
治療期間は比較的長く、正しい足の場所に修正させるまで治療が続きます。
さらに子供の年齢の過程によっては治療だけでなく、外反母趾を予防するための指導も医師やリハビリの専門スタッフなどから行われます。

スポンサーリンク

現在、小児科や形成外科といった病院では、子供の外反母趾の治療に対応しています。
比較的、総合病院や大学病院といった事業規模の大きい医療機関だけでなく、個人経営の診療所やクリニックといった医療機関でも治療を行っています。
治療を行う病院が増えている要因として、子供の生活習慣が大きく影響しており、運動量の低下や靴底が平たい運動靴を履かずにヒールなど特殊な靴を履くようになったことなどがあります。
病院での治療は、外反母趾によって変形した骨を矯正する治療が行われ、主にギブスや専門の固定用靴を使用します。
外反母趾の症状が激しい場合には、手術などで強制的に骨を修正して正しい足の形にしますが、基本的には病院での治療は長期の治療期間を設けて矯正する治療に取り組みます。
治療費に関しては、保険が適用される治療となっているので、通常の3割負担です。
このため、気軽に治療を受けることが出来、検査も詳細な検査を行うことが可能となります。

スポンサーリンク