外反母趾 歩き方 矯正

外反母趾を改善する歩き方の矯正方法について等

スポンサーリンク

外反母趾とは足の親指に発生する疾患の一種で、主に女性に多い疾患としてよく知られています。
ただし男性ならば発症しないというわけではなく、脚の筋肉が弱っていたリすると誰でも発症する可能性があります。
 外反母趾は簡単に言うと足の親指の根元が変形してしまうというもので、ひどくなると全身に影響が出てくる事も少なくないです。
人間の足は土踏まずのような反りによってバランスを取っていますが、脚の筋肉が弱いとこの反りが不充分になってしまいます。
そうなると足でバランスを取る事が難しくなってしまい、その崩れたバランスを支えようと親指に過度の負担がかかってしまうのです。
 この状態が長く続くと足の親指の骨が変形してしまい、根元の部分から人差し指側に向かって曲がってしまう事になります。
また足のバランスが崩れた事を全身でカバーしようとするため、姿勢が悪くなり腰痛や頭痛、肩こり等の症状が現れる事もあります。
そのため外反母趾の疑いがある場合には早めに病院を受診して、適切な治療を受けるのが望ましいです。

スポンサーリンク

 外反母趾になった場合に現れる症状としては足の親指の付け根の痛みが代表的で、ひどくなると歩けなくなってしまう事もあります。
こうなると日常生活に支障をきたす可能性も出てくるので、くれぐれも悪化しないように注意する事が大切です。
 外反母趾の治療方法については保存療法と手術の2種類があり、患部の状態等を確認した上で治療方法が選択されます。
基本的には保存療法で少しずつ状態の改善を目指す事が多く、それでは効果が期待出来ない場合等に手術となります。
 保存療法の具体的なやり方については複数の方法があり、例えば歩き方の矯正や靴のインソールを使った治療等が挙げられます。
そのうち歩き方の矯正は脚の筋力アップにも繋がるので、歩き方の矯正は根本的に治すのに効果的だと言えます。
 外反母趾の治療で行われる歩き方の矯正の具体的なやり方については、着地と蹴り出しにポイントがあります。
着地の時には膝を伸ばしてかかとから着地するというのが正しい歩き方で、これを意識して矯正するのが良いです。
また蹴り出しに関しては親指と人差し指を使って蹴り出す意識が大切で、この点に注意する事で少しずつ歩き方が矯正されていきます。

スポンサーリンク