外反母趾 包帯 巻き方

外反母趾を改善するための包帯の巻き方について等

スポンサーリンク

外反母趾とは足の親指に発生する疾患の一種で、一般的には女性が発症しやすい疾患として知られています。
女性はハイヒール等のように爪先が狭い靴を履く機会が多く、これによって親指が圧迫されて外反母趾になる事があるのです。
 ただしハイヒール等を履いていなければ発症しないわけではなく、脚の筋力が低下していると発症する可能性が高くなります。
 人間の足には土踏まずに代表される複数の骨の反りがあり、この反りによってバランスが取れるように出来ています。
この骨の反りは脚の筋肉が引っ張る事で維持されているので、この筋力が低下すると反りが弱くなってしまいます。
その結果バランスが崩れるのを阻止するために親指に過度の負担がかかり、それが原因となって外反母趾を発症する事があるのです。
そのため普段からハイヒール等を履いていなかったりしても、発症してしまうリスクはあると言えます。
外反母趾の発症を予防するには普段から運動で脚を鍛えるようにして、足の反りが維持出来るようにするのが望ましいです。

スポンサーリンク

 外反母趾を発症した場合に現れる症状としては、足の親指が付け根部分から人差し指側に曲がるというものが挙げられます。
これに伴って親指に痛みが発生する事も多く、ひどくなると歩行が困難になってしまう事も少なくないです。
そうなると日常生活に支障をきたす可能性も出てくるので、早めに病院を受診して治療を受けるのが望ましいと言えます。
 病院での治療方法は主に保存療法と手術の2種類で、患部の状態等を確認した上で治療方法が選択されます。
保存療法では歩き方の矯正やマッサージ等が行われますが、この治療で効果が出来な場合等は手術で改善を目指す事になります。
 ちなみに保存療法の一つとして包帯を使った方法があるのですが、正しい巻き方を行う事で効果を得る事が出来る場合があります。
包帯の具体的な巻き方としては親指の付け根と小指の付け根の関節を、引き締めるように包帯で巻くのが基本の巻き方になります。
この巻き方を行う事で親指から小指にかけての反りを維持する事が出来るので、外反母趾の改善に効果が期待出来るのです。
 この包帯の巻き方の一番のポイントとしては少し強めに包帯を巻く事で、あまりにも巻き方が弱いと期待する効果が得られなくなります。
包帯を巻くのは就寝中に行うのが続けやすいですが、日中でも気にならない場合には巻いておいても良いです。

スポンサーリンク