外反母趾 小指 治し方

小指の外反母趾の治し方について等

スポンサーリンク

外反母趾とは足の親指に発生する疾患の一種で、一般的には女性に多い疾患としてよく知られています。
女性は普段からハイヒールのような爪先の狭い靴を履く機会が多く、これによって親指が圧迫されて発症する事があるのです。
ただし男性でも脚の筋力が低下している等の条件に当てはまると、外反母趾を発症してしまう可能性は充分にあります。
 外反母趾を発症した場合に現れる症状としては、親指が根元から人差し指側に曲がるというのが挙げられます。
これにより親指に痛みが現れてしまい、ひどくなると痛さのあまり歩行すら困難になる事も珍しくないです。
 また親指の痛みを全身でかばおうとして姿勢が悪くなり、腰痛や頭痛、肩こり等の症状が現れてしまうケースもあります。
ここまでひどくなってしまうと日常生活に支障をきたす可能性も出てくるので、早めの病院受診が望ましいです。
 病院で行われる外反母趾の治療については主に保存療法と手術があり、患部の状態等を確認して治療法を選択します。
保存療法では歩き方の矯正や専用のインソールの使用等が行われ、もしこの治療で効果がない場合には手術となる事もあります。

スポンサーリンク

 ちなみに外反母趾と同じような症状が小指に発生する事もあるのですが、この小指の外反母趾を内反小趾と言います。
この小指の疾患は小指が根元から薬指側に向かって曲がるというもので、外反母趾と同じように小指の痛み等の症状が現れます。
発症の原因に関しては爪先の狭い靴を履く等もありますが、歩き方の癖が影響する事が多いと言われています。
 内反小趾の治し方についてですが原因が歩き方の癖である事が多いので、その癖を治すのが正しい治し方になります。
歩き方の癖の治し方についてはいくつか方法がありますが、基本的なものとして屈伸運動が効果的とされています。
 真っすぐに立った状態から少しずつ膝を曲げて腰を落としていき、また膝を伸ばすという運動の繰り返しです。
腰を落とす時には膝が爪先よりも前に出ないようにするのが正しい治し方で、膝が爪先より前に出ると良い効果が得られない可能性があります。
この治し方を毎日続けて行う事で脚に筋力が付いて、自然と歩き方の癖が治り小指の症状も改善していきます。
ただしこの治し方を続けても期待する効果が得られない場合には、早めに病院を受診して診てもらうのが望ましいです。

スポンサーリンク