外反母趾 テーピング 講習

外反母趾をテーピングで矯正するために講習を受ける

スポンサーリンク

外反母趾というのは足の親指が小指側に折れ曲がってしまう恐ろしい病気です。
足を外に向けるいわゆるペンギン歩きが原因だともハイヒールが原因だとも言われており、いまいち原因が特定できないのが現状です。
とにかく我慢はせずに一刻も早く整形外科に行かなくてはいけません。
その際にはテーピングによる矯正で治るといわれて講習を受けることになるパターンがあります。
確かに手術を行えば割と簡単に短いリハビリで治りますが、後遺症で苦しむことも多くあるのです。
テーピングで治るのであれば体への負担はかなり軽く抑えることができるでしょう。
テーピングの講習はとにかくしっかりと長期間にわたって行うことを前提としています。
外反母趾をしっかりと治すためにもテーピングを確実に正しく行わなければなりません。
軽い外反母趾を治すにはこうした自分で行っていく治療が一番効果的とされています。
講習をしっかりと受講するように心がけるべきといえるでしょう。

スポンサーリンク

外反母趾は間違った歩き方が原因なので、歩き方への指導がまずは行われます。
これはとにかく根気よく行わなければなりません。
ペンギン歩きは坂道を登ると気になりやすい歩き方です。
山歩きをするならばいいのですが、平坦な道を歩くときまで行うのは良くありません。
そうして正しい歩き方をし、自分の意思ではどうにもならない筋肉の動きをテーピングで矯正することになります。
テーピングの講習ではとにかく正しいテーピングを行うことが重視されるのですが、これが難しいです。
しかし、どこの筋肉をどういう風に引っ張るのかを理解すれば意外とできるようになります。
外反母趾になるとすぐ手術をするようなイメージがありますが、こうした講習を受けることで改善していくことができるのです。
この際に講習で正しい歩き方を教えてもらえますが、この正しい歩行を行うと体の調子が良くなる事があります。
外反母趾がきっかけで背筋が伸びたり肩こりが良くなるという辞令もあるので、まじめに講習を受けるようにするとお得です。

スポンサーリンク