外反母趾 靴 おすすめ ヒール

外反母趾の人にはヒールが低く、太い靴がおすすめ

スポンサーリンク

外反母趾である場合、ヒールの高い靴やつま先が細い靴を履いていると、足に痛みを感じるという人も多いようです。
そこで、外反母趾の人におすすめの靴とはどのような靴なのでしょうか。
外反母趾とは、サイズの合っていない靴を履き続ける、足の一部に負荷がかかるなどの影響により、親指が内側に変形してしまった状態を指します。
そのため、つま先の細い靴やヒールの高い靴は、足に負担を掛けてしまい、さらに症状が悪化してしまう可能性があります。
そこで、外反母趾の人におすすめの製品としては、ヒールのある物を選ぶという場合には、ヒールの高さは5cm程度までの物がおすすめです。
ローヒールのものであれば、足にかかる負担を大幅に緩和することが出来ます。
また、ピンヒールなどのデザインに優れている製品は安定性が悪いために、足をひねってしまったり、足に負担を掛けてしまいますので、安定性のあるヒールの太いデザインの製品をおすすめします。

スポンサーリンク

親指が圧迫されるようなつま先の細いデザインよりも、親指を圧迫しないスクエア型やラウンドのような形のつま先になっている製品が外反母趾の人にはおすすめです。
サイズの小さな製品を選んでしまうと、足に負担がかかりますので、自身に合ったサイズのものを選ぶようにしましょう。
また、素材選びも大切です。
伸縮性のない素材の製品は、足が圧迫されてしまう可能性がありますので、革などの伸縮性のある素材がおすすめです。
最近では、外反母趾の人の為の製品も多数ありますので、それらを選んでみても良いかもしれません。
購入する際には、実際に履き心地などを確かめてから購入するようにしましょう。
症状が進行してしまうと、元に戻すのも大変になってしまいます。
そのため、痛みや違和感を感じる時には、症状が悪化してしまう前に対策をとるようにしましょう。
おしゃれも大切ですが、足に痛みがある状態ではおしゃれを楽しむことも出来ません。
足に負担を掛けないようにしましょう。

スポンサーリンク