外反母趾 痛い マッサージ

痛い外反母趾を予防する簡単なマッサージ

スポンサーリンク

外反母趾は、成人女性の3人に1人はなると言われているほど多くの人が悩んでいることであり、年齢を重ねていくとともに外反母趾の人は増えていくとされています。
せっかくおしゃれな靴を履きたくても、外反母趾の症状が進んでしまうと、痛いため履く靴を選ぶしか無かったり、痛いために歩くことも負担に感じてしまうこともあります。
そこで、外反母趾は、早めにケアをするということが大切になります。
外反母趾を予防する方法として、マッサージを行うという方法があります。
外反母趾で痛みを感じたら、すぐに行うようにしましょう。
まず、簡単なマッサージの方法として、手の指を足の指の間に入れ、足首を大きく回すようにします。
ただし、この時に足首が動いてしまわないように、片方の手で足首を固定した上で回すようにしましょう。
座った状態で足を片方の太ももに乗せて行うようにすると、やりやすいでしょう。
急いで行わずに、ゆっくりと行うことがポイントです。

スポンサーリンク

足裏のマッサージでは、手のひらを握った状態で、つま先からかかとに向かって10回程度刺激をしていきます。
痛いと感じる所があれば、凝っているところですので、入念にマッサージをするようにしましょう。
ただし、力を入れ過ぎると逆効果となりますので、痛いけれど気持ちいいと感じる程度の強さで行うようにしましょう。
足裏のマッサージを行った後は、足の指を一本一本回していくようにします。
指の付け根が痛いと感じられることもありますので、無理をしないようにしましょう。
最後に、足の指を付け根から足裏方向に曲げるようにし、その状態を10秒程度保つようにします。
痛いと感じるようであれば無理はしないようにします。
足のマッサージは、外反母趾の予防だけではなく、足のむくみ予防にも効果的です。
血行が良くなっているお風呂上がりなどに行うようにすると、より高い効果を得ることが出来ます。
簡単に行うことが出来ますので、毎日の習慣として行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク