外反母趾 痛み 場所

外反母趾の足の痛みと場所

スポンサーリンク

外反母趾になると痛みを生じます。
とても痛みを生じ、歩きにくかったり歩けない時もあります。
外反母趾になる場所は、足の親指です。
親指の骨が曲がり靴を履くと圧迫して痛みが生じます。
痛みのある場所をかばって歩き方が変になったり、体の他の部分が歪んで足以外の場所が痛みを生じることもあります。
体が歪むとあちこちに不具合が出てきます。
例えば、肩こり、頭痛、自律神経失調症などの症状を起こします。
外反母趾だけだと軽く考えていると少しずつ他の症状がでてきて危険です。
外反母趾になったら専用の外反母趾に適した靴を履きことをお勧めします。
原因は、足にあった靴を履いていない、ハイヒールなどのかかとの高い靴を履いていることが多いなどで歩き方に問題が生じ足の筋肉が発達しないことです。
子供も外反母趾になるので気を付けましょう。
また、足裏の土踏まずがないことも特徴です。
外反母趾を放置しておくと改善しないので対策をとることが良いでしょう。

スポンサーリンク

対策としては、運動をして足の筋肉をつける、ストレッチや体操をする、足にあった靴を選ぶ、歩き方を意識してみる、テーピングで形を整える、肥満体型の方は足に負担をかけるのでダイエットをするなどを試して見ましょう。
足の裏の土踏まずを作るために足裏を揉みほぐしマッサージすることも良いでしょう。
足の場所によっては痛みが激しい場所もあるので無理をして歩くことは避けて病院へ行かれることをお勧めします。
医師のアドバイスは重要です。
大事な足なので痛みの場所を改善して気持ちよく歩けるようになりましょう。
足のあった専用のオーダーした靴を履いて予防をすることも良いでしょう。
靴のオーダー専門店があります。
靴はとても大事です。
大きくても足に負担をかけますし、小さかったら足が窮屈な思いをします。
どちらにしても足に負担をかけて無理をさせてしまいます。
子供の頃から足にあった靴選びをすることが良いでしょう。
痛みを我慢すると益々症状は悪化します。

スポンサーリンク