外反母趾 手術 名医

外反母趾の手術は名医から受けると良いです

スポンサーリンク

足の指の病気の一つに外反母趾があり、これは女性の方は特に注意しないといけない病気であるため日頃から対策を取っていく必要があります。
外反母趾はどういった事が原因で発症するのかというと、靴幅が狭い靴やハイヒール等を履いたり、ぺたぺた歩き等が原因となっています。
外反母趾は足の指の関節が変形してしまう病気であり、足の指の親指が小指側に15度以上曲がった状態になってしまうため、体に様々な悪影響を及ぼすリスクが高くなるため気をつけていかなくてはいけなくなります。
ちなみに外反母趾が体に与える悪影響については足指・足背・足関節の痛み、すねの張りやむくみ・しびれ、過労性骨膜炎、膝から下の疲労骨折、骨盤のズレや歪み、顎関節症・目の疲れ・偏頭痛・肩こり、腰痛、ヘルニア、頚椎の痛みや変形、婦人系の疾患、圧迫骨折、自律神経の異常等があります。
そのため、外反母趾は放置しておくと大変危険であるため、足の指の変形が気になっている方は病院に行って診療を受けるようにお願いします。

スポンサーリンク

外反母趾は手術も受ける事が可能となっていて、手術を受けたいのであれば名医がいる病院を選び、そこに行く事をおすすめします。
外反母趾の手術はかなり難しく、経験豊富な名医がいる病院ではないと手術を行う事ができない場合があるからであります。
名医がいる病院に関しての情報はインターネットで検索すると名医リストを公開しているWebサイトが多数あるためで、そこで名医に関しての情報や所属先の病院についての詳細を確認する事が可能となっています。
ちなみに外反母趾の治療方法に関しては軽症であれば、保存療法が適用されサポーターやテーピング等も使いながら治療を行っていく事になります。
症状が重度であれば手術を行う必要があるため、入院する必要があり手術方法については主に「軟部組織矯正術」、「中足骨骨切り術」、「基節骨骨切り術」等の方法で対応する事になります。
足にある骨や神経に触れる事もあるため手術の難易度は高めとなっていて、名医がいる所ではないと失敗する可能性もあるからであります。
ちなみに手術にかかる時間については1時間から2時間となっていて、入院期間は1週間から2週間の間となっています。

スポンサーリンク