外反母趾 ヒール 痛い

ヒールを履くと痛い等の症状が現れる外反母趾について

スポンサーリンク

外反母趾とは足の親指に起こる疾患の一種で、一般的には女性に多い疾患としてよく知られています。
女性は普段からハイヒール等の爪先が狭い靴を履く事が多く、これによって親指が圧迫されて発症する事が多いです。
またハイヒールはバランスを取るのが難しい靴でもあるので、バランスを取るために親指に過度の負担がかかるのも発症に影響します。
 男性は女性のようにハイヒールのような靴を履く機会がないため、比較的発症率は低いと言えます。
しかしハイヒールのような靴を履いていなくても、脚の筋肉が弱い事が原因となって発症してしまう事はあります。
 人間の足は土踏まずに代表されるような反りが何ヶ所かあり、これによってバランスが取れるようになっています。
この足の反りは脚の筋肉が骨を引っ張る事で保たれているので、脚の筋力が弱くなると反りも小さくなります。
これにより上手くバランスが取れなくなり、そのしわ寄せが親指に来て外反母趾になる事があるのです。

スポンサーリンク

 外反母趾を発症した場合に現れる症状としては、足の親指が根元から人差し指側に向かって曲がるというのが知られています。
これによって親指の根元が痛い等の症状が現れるようになり、この痛いという症状がひどくなると歩行も難しくなります。
 それ以外にも親指が痛いのをかばうために全身の姿勢が悪くなり、肩こりや頭痛、腰痛等の症状が現れる事もあります。
 外反母趾の治療方法については主に保存療法と手術の2種類があり、患部の状態等を確認して治療方法が選択されます。
保存療法では歩き方の矯正やマッサージ、専用のインソールの使用等といった方法が用いられます。
これら保存療法で効果がない場合や患部が激しく痛い場合等には、手術を行って改善を目指す事もあります。
 病院での外反母趾の治療と合わせて普段の生活で注意する事としては、靴の選び方を挙げる事が出来ます。
外反母趾を発症してからもハイヒール等を履き続けると、痛いのがひどくなる等の悪影響が現れます。
そのためハイヒールのような親指が痛い状態になる靴ではなく、爪先に比較的余裕のある靴を履く事が重要です。

スポンサーリンク