外反母趾 スニーカー 痛い

スニーカーを履いていても痛い外反母趾について等

スポンサーリンク

外反母趾とは足の親指に発生する疾患の事で、一般的には女性に多い疾患としてよく知られています。
女性はハイヒール等の爪先が狭い靴を履く機会が多く、これによって親指が圧迫されて発症する事が多いと言われています。
 しかし男性や普段はスニーカー等を履いている女性なら発症しないかというと、決してそうゆうわけではないです。
スニーカーのような爪先の負担が少ない靴を履いていても、脚の筋力が低下していると発症する可能性があるのです。
 人間の足は土踏まずに代表されるような複数の骨の反りがあり、この反りによってバランスが取れるようになっています。
この反りは脚の筋肉が骨を引っ張る事で維持しているため、脚の筋力が低下すると反りが弱くなってしまいます。
これによりバランスが崩れるとそれを改善しようとして親指に過度の負担がかかり、外反母趾を発症してしまう事があるのです。
そのため男性だったり普段はスニーカーは履いていたりしても、発症する可能性はあるので注意が必要だと言えます。

スポンサーリンク

 外反母趾を発症した場合に現れる症状としては、足の親指が付け根から人差し指側に曲がるというのが有名です。
これにより親指の付け根が痛いと訴える患者も多く、痛いのが激しくなると歩行が困難になるケースもあります。
 また親指が痛いのを全身でかばおうとしてしまうので、その影響で腰が痛いや頭が痛い、肩こりがする等の症状が現れる事も少なくないです。
 外反母趾の治療については保存療法と手術の2種類が主となっていて、患部の状態等を確認して治療法が選択されます。
保存療法では歩き方の矯正やマッサージ等が行われますが、これらで効果が出ない場合や痛いという症状がひどい場合等は手術となります。
 前述したように外反母趾は脚の筋力が低下するのも原因となるので、普段から脚の筋力を付けるように心掛ける事が大切です。
その上で普段からスニーカー等の足の負担が少なくて済む靴を履くようにすれば、外反母趾の改善に効果が期待出来ます。
ただし、いくらスニーカーであっても足に合っていなければ逆効果となるので、スニーカーを選ぶ際には妥協しない事も重要です。

スポンサーリンク